コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎造船所 かわさきぞうせんじょ

1件 の用語解説(川崎造船所の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川崎造船所
かわさきぞうせんじょ

三菱(みつびし)造船所と並ぶわが国最大の造船・造機会社。川崎正蔵(しょうぞう)が1878年(明治11)に建設した川崎築地(つきじ)造船所がその前身である。のち川崎兵庫造船所が設立され、また1886年に官営兵庫造船所の借用が許可されて、ここに川崎兵庫造船所を移転合併して川崎造船所が誕生した。続いて川崎築地造船所も神戸に移転し、翌1887年に官営兵庫造船所の払下げが確定して基礎が固まった。そして1896年には従業員約1800人の株式会社に改組された。
 同社は創業まもないころから造船奨励法(1896年施行)に呼応し、同法適格第一号船伊予(いよ)丸や民間初の潜水艦などを建造した。明治末年には欧米から蒸気タービンなどを技術導入し、また車両部門にも乗り出した。
 第一次世界大戦期には、ストック・ボート(需要増に対処するための見込み生産による在庫船)の建造を基礎に、飛躍的発展を遂げた。艦艇の建造高も増大した。加えて1916年(大正5)には兵庫工場を拡張して鋼材の自給体制を整え始め、また1918年には航空機、自動車の2部門を設置した。
 戦後恐慌期は、多角経営を行い、また、ワシントン軍縮下ではあったが海軍からの非制限艦の発注があり、恐慌の甚大な影響からは免れた。しかし、1927年(昭和2)の金融恐慌で主要取引銀行の十五銀行が休業したこと、および1930年の金解禁によって、経営は破綻(はたん)し、大量の人員を整理するに至った。
 しかし、1931年の金輸出再禁止と翌年から実施された船舶改善助成施設は、再生の契機となった。そして軍需景気の波に乗り、1937年に航空機部門を分離(川崎航空機株式会社の設立)したのち、1939年、資本金を2億円に増額し、社名を川崎重工業株式会社と改称した。(書籍版 1985年)[御園謙吉]
『川崎重工業株式会社社史編さん室編・刊『川崎重工業株式会社社史』(1959)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川崎造船所の言及

【川崎財閥】より

…川崎財閥と称されるものには,川崎銀行を中心とするものと川崎造船所を中心とするものの二つがあるが,一般には前者をさす。(1)川崎(金融)財閥 銀行,保険,信託を主とする東京の財閥。…

【川崎重工業[株]】より

…オートバイも生産している。1878年に川崎正蔵(1837‐1912)が東京築地で始めた川崎築地造船所を出発点とし,86年に神戸でも造船業を始め,事業も神戸に移し川崎造船所と改称した。96年改組して(株)川崎造船所となり,松方幸次郎が社長に就任。…

【川崎・三菱神戸造船所争議】より

…1921年(大正10)6月25日から8月9日まで,神戸市にある川崎造船所3工場(本社,兵庫,葺合)と三菱3社(造船,内燃機,電機)の労働者約3万人が行った第2次大戦前の日本最大のストライキ。第1次大戦を契機にして,ロシア革命やILO結成などの国際情勢,米騒動やデモクラシー運動などの国内情勢の進展がみられ,それに刺激されて1919年後半にはかつてみない規模でストライキが続発し,労働組合の結成が相次いだ。…

【松方幸次郎】より

…明治・大正期の造船企業家,松方コレクションの収集家。松方正義の三男として鹿児島で生まれ,ラトガーズ大学を経て1890年(明治23)にイェール大学で民法の博士号を得,96年株式会社川崎造船所の初代社長に就任。第1次大戦中にストックボートを大量生産したが,戦後の不況期にも強気の経営で多角化を進めたため,1927年(昭和2)の金融恐慌のときに同社は破綻し,翌年社長を辞任した。…

※「川崎造船所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川崎造船所の関連情報