コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束草 そくそう

2件 の用語解説(束草の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

束草【そくそう】

韓国,江原道北部の日本海岸にある漁港都市。38度線の北にあり,朝鮮戦争で韓国領となった。北を故郷とする住民が多く住む。韓国屈指の名勝地雪岳山国立公園への入口でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

束草
そくそう / ソクチョ

韓国(大韓民国)、江原道北部の海岸沿い(日本海側)にある都市。面積105.25平方キロメートル、人口8万7880(2000)。1963年に市に昇格した。韓国の最北端に位置する漁場の中心漁港として発達している。沿海では明太(メンタイ)(スケトウダラ)、イカ、サンマの漁獲が多い。水産業に関連する造船、製氷、冷凍業が盛んである。付近には雪岳山国立公園、束草海水浴場、永郎湖などの観光資源が多い。ソウルまで高速バスと定期航空路が開設されている。[張 保 雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

束草の関連キーワード余部鬱陵島香住江原道真野蔚山元山江陵太白シュコーデル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

束草の関連情報