コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束草 そくそう

百科事典マイペディアの解説

束草【そくそう】

韓国,江原道北部の日本海岸にある漁港都市。38度線の北にあり,朝鮮戦争で韓国領となった。北を故郷とする住民が多く住む。韓国屈指の名勝地雪岳山国立公園への入口でもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

束草
そくそう / ソクチョ

韓国(大韓民国)、江原道北部の海岸沿い(日本海側)にある都市。面積105.25平方キロメートル、人口8万7880(2000)。1963年に市に昇格した。韓国の最北端に位置する漁場の中心漁港として発達している。沿海では明太(メンタイ)(スケトウダラ)、イカ、サンマの漁獲が多い。水産業に関連する造船、製氷、冷凍業が盛んである。付近には雪岳山国立公園、束草海水浴場、永郎湖などの観光資源が多い。ソウルまで高速バスと定期航空路が開設されている。[張 保 雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

束草の関連キーワードカンウォン(江原)道ポハン(浦項)市ソラク(雪岳)山スケトウダラ頼豪(2)ソクチョ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

束草の関連情報