束見本(読み)つかみほん

精選版 日本国語大辞典「束見本」の解説

つか‐みほん【束見本】

〘名〙 製本のとき、本の厚みを確認するため、用紙・枚数などを実際の通りにして試作する見本。表・カバー・化粧箱などの寸法を決定する基となる。
※壺中庵異聞(1974)〈富岡多恵子〉一「厚いボール紙を何枚か本のかたちに切ってはり合わせて、ツカ見本をつくります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「束見本」の解説

つか‐みほん【束見本】

本の出版に先立ち、刊行するものと同じ用紙やページ数で製本して、装丁のぐあいを確かめたり、宣伝に用いたりする見本。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「束見本」の解説

束見本

本の中身白紙だが、実際の製本時と同じ紙で製作された見本のこと。ページ数や厚さが正確に判断できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android