コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来民 くたみ

2件 の用語解説(来民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来民
くたみ

熊本県北部,山鹿盆地の中部にある山鹿市鹿本町の中心集落。旧町名。 1955年稲田村,中富村の2村と合体して鹿本町となる。農林産物の集散地。江戸時代以来渋うちわの特産地として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来民
くたみ

熊本県山鹿(やまが)市鹿本(かもと)町のほぼ中央部にある中心地区。町立ては古く、1632年(寛永9)の細川忠利(ただとし)、肥後(ひご)領有の機にある。当時の湯町(ゆまち)(山鹿市)と隈府(わいふ)(菊池市)とを結ぶ往来筋(国道325号)の中間的位置にあっただけでなく、平安時代に入国した藤原光重(みつしげ)の産業振興も町立てに先鞭(せんべん)的な役割を果たした。京都、丸亀(まるがめ)とともに、団扇(うちわ)の日本三大産地を形成してきたが、現在では数軒に衰退し、遊休施設を利用したカレンダー生産が増えている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の来民の言及

【鹿本[町]】より

…菊池川中流の菊鹿((きくろく))盆地の中央部を占め,西は山鹿市に接する。中心の来民(くたみ)は,江戸時代には山鹿新町と呼ばれ,農産物の集散地として栄えた。基幹産業は農業で,米,プリンスメロン,菊の生産が盛ん。…

※「来民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

来民の関連キーワード熊本県山鹿市石熊本県山鹿市古閑熊本県山鹿市城熊本県山鹿市新町熊本県山鹿市杉熊本県山鹿市津留熊本県山鹿市中熊本県山鹿市鍋田熊本県山鹿市平山熊本県山鹿市山鹿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

来民の関連情報