来聘(読み)らいへい

精選版 日本国語大辞典「来聘」の解説

らい‐へい【来聘】

〘名〙 物を持っておとずれること。外国から使節が来朝して、礼物・貢物を献上すること。
史記抄(1477)一〇「此様に先づ余祭が卒を書して後に季札が来を書したぞ」 〔春秋左伝‐隠公七年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「来聘」の解説

らい‐へい【来×聘】

外国から使節が来朝して礼物れいもつを献じること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「来聘」の解説

【来聘】らいへい

来享。また、礼を厚うして人を招く。〔史記、孔子世家〕の大夫謀りて曰く、~今、楚は大國なり。孔子を來聘す。孔子楚に用ひらるるときは、則ち陳・の事を用ふる大夫、からんと。~相ひ與(とも)に徒役を發し、孔子を野に圍む。

字通「来」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android