(読み)つと

日本大百科全書(ニッポニカ)「苞」の解説


つと

藁(わら)や(あし)、竹の皮などを束ねたり、編み束ねてつくった容器で、中に食糧、魚や果実などの食品を包み入れて持ち運んだ。わらづと、荒巻きなどともいう。旅行用に準備した食糧を入れたりしたほか、出先への贈り物を包んで携行したり、帰りには土産(みやげ)物を入れたりしたので、土地の名産物や土産物をいうようにもなり、家への土産を家づとという。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「苞」の解説

つと【×苞/苞苴】

《「つつ」と同語源》
わらなどを束ねて、その中に食品を包んだもの。わらづと。
その土地の産物。また、旅のみやげ。
冥途よみじの―ともたらし去らしめんこと思えば」〈露伴五重塔
「宮この―にいざといはましを」〈古今・東歌〉

ほう〔ハウ〕【×苞】

花あるいは花序の付け根に出る。芽やつぼみを覆って花を保護する。うろこ状や花びら状となるものもある。包葉
[類語]木の葉枝葉草葉葉っぱ押し葉葉身葉脈葉柄葉末托葉単葉複葉葉序双葉若葉若緑新緑万緑青葉紅葉こうよう紅葉もみじ黄葉照り葉落ち葉落葉枯れ葉朽ち葉病葉わくらば松葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android