コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苞/苞苴 ツト

デジタル大辞泉の解説

つと【×苞/苞苴】

《「包(つつ)む」と同語源》
わらなどを束ねて、その中に食品を包んだもの。わらづと。
その土地の産物。また、旅のみやげ。
「冥途(よみじ)の―と齎(もたら)し去らしめんこと思えば」〈露伴五重塔
「宮この―にいざといはましを」〈古今・東歌〉

ほう〔ハウ〕【×苞】

花あるいは花序の付け根に出る葉。芽やつぼみを覆って花を保護する。うろこ状や花びら状となるものもある。包葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

苞【ほう】

包葉

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほう【苞】

芽や蕾つぼみを包み、保護する小形の葉。葉に似て緑色のもの、鱗片状で褐色のもの、花弁のように美しいものなどがある。包葉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


つと

(わら)や葦(あし)、竹の皮などを束ねたり、編み束ねてつくった容器で、中に食糧、魚や果実などの食品を包み入れて持ち運んだ。わらづと、荒巻きなどともいう。旅行用に準備した食糧を入れたりしたほか、出先への贈り物を包んで携行したり、帰りには土産(みやげ)物を入れたりしたので、土地の名産物や土産物をいうようにもなり、家への土産を家づとという。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

苞/苞苴の関連キーワードウミリンゴ(海林檎)スパティフィラムブーゲンビレアポインセチアアンスリウムミズオオバコ包葉・苞葉モクマオウトチカガミフリーセア信濃蒲公英副萼・副蕚一文字挵蝶ヘリコニア高山保次郎蝦夷蒲公英ウミリンゴ関東蒲公英東海蒲公英白花蒲公英

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android