コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯台草 トウダイグサ

1件 の用語解説(灯台草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうだい‐ぐさ【灯台草】

トウダイグサ科の越年草。道端に生え、高さ25~35センチ。茎を切ると乳白色の汁が出る。茎頂に葉を輪生し、その上部に柄を伸ばし、春、黄緑色の1個の雌花と数個の雄花とをつけ、一つの花のように見える。有毒。すずふりばな。 春》
トウダイグサ科の双子葉植物の総称。主に熱帯地方に分布し、約8000種がある。多くは花びらがなく、茎や葉を切ると白い乳液を出す。トウダイグサノウルシニシキソウアカメガシワアブラギリトウゴマなどが含まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯台草の関連キーワードナツトウダイ藺草榎草胡瓜草大犬の陰嚢川萵苣高灯台夏灯台錦草耳菜草

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone