コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京独立雑誌 とうきょうどくりつざっし

1件 の用語解説(東京独立雑誌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうどくりつざっし【東京独立雑誌】

1898年6月万朝報社を退社した内村鑑三が主筆となって創刊した雑誌。発行所は東京独立雑誌社。旬刊(ただし,7号までは月2回刊)。本誌で内村は〈確信あらざれば語らず,独特の思想を含有せざる寄書は載せず,熟読せざる書は評せず〉として,日清戦争後の憂慮すべき社会状況と藩閥政治に痛烈な時事評論をもって,社会問題の解決につとめようとした。その基本は個人の独立,自由思想平民主義の普及にあった。また,古代国家の盛衰の歴史《興国史談》(43~71号)は時代への警世でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東京独立雑誌の関連キーワード内村鑑三中村鑑三黒崎幸吉平民社万朝報非戦論村鑑佐々城豊寿清水対岳坊当真嗣合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone