コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京穀物商品取引所 トウキョウコクモツショウヒントリヒキジョ

1件 の用語解説(東京穀物商品取引所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐こくもつしょうひんとりひきじょ〔トウキヤウコクモツシヤウヒンとりひきジヨ〕【東京穀物商品取引所】

東京で農産物の先物市場を開設・運営していた商品取引所。昭和27年(1952)に会員商品取引所として設立。平成21年(2009)に株式会社となった。同25年(2013)2月に全ての立会を停止。米穀は大阪堂島商品取引所、大豆・小豆・とうもろこし・粗糖は東京商品取引所に移管された。東穀取。TGE(Tokyo Grain Exchange)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東京穀物商品取引所の言及

【商品取引所】より

…商品取引所は,商品市場の開設者として,商品取引所の会員(〈商品取引員〉の項参照)に対して,商品市場における売買取引の公正を確保しまたは委託者を保護するために必要な自主規制を行うことを要し,これを怠るときは,主務大臣が商品取引所に対して必要な監督上の処分をすることができる。商品市場【神崎 克郎】
【主要商品取引所】
東京穀物商品取引所1952年10月開所。開所早々,小豆(しようず∥あずき)をめぐる買占め事件などで話題を呼び,小豆は〈赤いダイヤ〉の異名をとるなど,一時商品投機の象徴商品となった。…

※「東京穀物商品取引所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京穀物商品取引所の関連情報