コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東坊城長淳 ひがしぼうじょう ながあつ

美術人名辞典の解説

東坊城長淳

室町後期の公卿。和長の長男。燈燭科学生に補され、策を献じて権中納言大蔵卿従二位に進む。筆蹟は『慶安手鑑』に見られる。天文17年(1548)歿、43才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東坊城長淳 ひがしぼうじょう-ながあつ

1506-1548 戦国時代の公卿(くぎょう)。
永正(えいしょう)3年生まれ。東坊城和長の子。天文(てんぶん)5年式部大輔(しきぶのたいふ)。のち参議,権(ごんの)中納言をへて大蔵卿となる。従二位。16年筑紫(つくし)に赴任し,17年京都にかえる途中長門(ながと)(山口県)の赤間関(あかまがせき)で3月23日急死した。43歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

東坊城長淳の関連キーワード東坊城盛長

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android