コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東坊城長淳 ひがしぼうじょう ながあつ

2件 の用語解説(東坊城長淳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東坊城長淳

室町後期の公卿。和長の長男。燈燭科学生に補され、策を献じて権中納言大蔵卿従二位に進む。筆蹟は『慶安手鑑』に見られる。天文17年(1548)歿、43才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東坊城長淳 ひがしぼうじょう-ながあつ

1506-1548 戦国時代の公卿(くぎょう)。
永正(えいしょう)3年生まれ。東坊城和長の子。天文(てんぶん)5年式部大輔(しきぶのたいふ)。のち参議,権(ごんの)中納言をへて大蔵卿となる。従二位。16年筑紫(つくし)に赴任し,17年京都にかえる途中長門(ながと)(山口県)の赤間関(あかまがせき)で3月23日急死した。43歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東坊城長淳の関連キーワード久我豊通二条尚基三条実香清水谷公松五辻泰仲木幡雅遠地下の公卿今出川公彦照陽等耕

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone