コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東坊城長淳 ひがしぼうじょう ながあつ

美術人名辞典の解説

東坊城長淳

室町後期の公卿。和長の長男。燈燭科学生に補され、策を献じて権中納言大蔵卿従二位に進む。筆蹟は『慶安手鑑』に見られる。天文17年(1548)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東坊城長淳 ひがしぼうじょう-ながあつ

1506-1548 戦国時代の公卿(くぎょう)。
永正(えいしょう)3年生まれ。東坊城和長の子。天文(てんぶん)5年式部大輔(しきぶのたいふ)。のち参議,権(ごんの)中納言をへて大蔵卿となる。従二位。16年筑紫(つくし)に赴任し,17年京都にかえる途中長門(ながと)(山口県)の赤間関(あかまがせき)で3月23日急死した。43歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone