コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東尾修 ヒガシオオサム

2件 の用語解説(東尾修の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがしお‐おさむ〔ひがしををさむ〕【東尾修】

[1950~ ]プロ野球選手・監督。和歌山の生まれ。昭和43年(1968)、西鉄(西武の前身)に入団。打者の内角に食い込むシュートを武器に、エースとして活躍した。通算251勝。引退後は、同球団の監督としてチームを2度のリーグ優勝に導いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東尾修 ひがしお-おさむ

1950- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和25年5月18日生まれ。44年西鉄に入団。50年23勝で最多勝。内角を攻め,外角スライダーでうちとるパターンを確立。西武にかわってから6度の優勝に貢献した。実働20年,251勝247敗,防御率3.50,与死球165。平成7年から西武監督(9,10年リーグ優勝)。和歌山県出身。箕島高卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東尾修の関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東尾修の関連情報