コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東胤氏 とう たねうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東胤氏 とう-たねうじ

?-1530 室町-戦国時代の武将,歌人。
東常縁(つねより)の子。はじめ足利政知(まさとも)に,のち今川氏につかえる。父の弟子宗祇(そうぎ)から古今伝授をうけ,文亀2年には病中の宗祇から「古今和歌集」の奥秘を返伝される。今川氏親(うじちか)に協力し,「続五明題(しょくごめいだい)和歌集」を編集した。享禄(きょうろく)3年6月5日死去。法名は素純。著作に「かりねのすさみ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東胤氏の関連キーワード東素純東常縁

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android