松のみどり(読み)まつのみどり

世界大百科事典 第2版の解説

まつのみどり【松のみどり】

歌舞伎役者の芸談集。7世松本幸四郎著。1937年刊。5世幸四郎の芸談集《松のみどり》にちなんで命名したと序文にある。〈琴松芸談〉と角書にある。5歳で藤間家へ養子にゆき,11歳で9世市川団十郎の門に入る。歌舞伎俳優となり,金太郎から染五郎,高麗蔵を経て幸四郎を襲名するが,その間の師団十郎の風貌,《勧進帳》《助六》《忠臣蔵》などの役についての苦心談を記している。とりわけ弁慶は終生当り役になっただけあって,その演出について詳しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松のみどりの関連情報