松の落葉(読み)まつのおちば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松の落葉
まつのおちば

江戸時代中期の歌謡集。題簽『絵入松の落葉』,内題落葉集』。大木扇徳編。7巻。元禄 17 (1704) 年。ただし,同 12年刊の『はやり歌古今集』と重複する巻6の欠巻本が流布。同 16年刊の『松の葉』が,主として目の不自由な音楽家の伝承する芸術歌謡を集成したのに対して,劇場歌謡を中心に,踊歌,はやり歌を集成。のち宝永6 (09) 年に『絵入落葉増補松竹梅』,翌7年に『増補絵入松の落葉』として改版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつのおちば【松の落葉】

「落葉集おちばしゆう」の別名。
随筆。四巻。藤井高尚著。1830年頃刊。神道・国史・国文に関する考証的記事を載せる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android