コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松の落葉 まつのおちば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松の落葉
まつのおちば

江戸時代中期の歌謡集。題簽『絵入松の落葉』,内題落葉集』。大木扇徳編。7巻。元禄 17 (1704) 年。ただし,同 12年刊の『はやり歌古今集』と重複する巻6の欠巻本が流布。同 16年刊の『松の葉』が,主として目の不自由な音楽家の伝承する芸術歌謡を集成したのに対して,劇場歌謡を中心に,踊歌,はやり歌を集成。のち宝永6 (09) 年に『絵入落葉増補松竹梅』,翌7年に『増補絵入松の落葉』として改版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつのおちば【松の落葉】

「落葉集おちばしゆう」の別名。
随筆。四巻。藤井高尚著。1830年頃刊。神道・国史・国文に関する考証的記事を載せる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

松の落葉の関連キーワード本町二丁目本島藤太夫半太夫節大津絵節御親文字きそん釣狐物心中物随筆別名凡兆春蘭高砂

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android