松下之綱(読み)まつした ゆきつな

  • 松下之綱 まつした-ゆきつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1537-1598 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)6年生まれ。松下長則(ながのり)の子。今川氏に属し遠江(とおとうみ)(静岡県)頭陀寺(ずだじ)城主。このころ日吉丸(のちの豊臣秀吉)が3年間之につかえている。のち徳川家康,秀吉につかえ,天正(てんしょう)18年遠江久野(くの)1万6000石の城主となる。慶長3年2月29日死去。62歳。三河(愛知県)出身。通称は嘉(加)兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android