松下之綱(読み)まつした ゆきつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下之綱 まつした-ゆきつな

1537-1598 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)6年生まれ。松下長則(ながのり)の子。今川氏に属し遠江(とおとうみ)(静岡県)頭陀寺(ずだじ)城主。このころ日吉丸(のちの豊臣秀吉)が3年間之綱につかえている。のち徳川家康,秀吉につかえ,天正(てんしょう)18年遠江久野(くの)1万6000石の城主となる。慶長3年2月29日死去。62歳。三河(愛知県)出身。通称は嘉(加)兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android