コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下軍治 まつした ぐんじ

1件 の用語解説(松下軍治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下軍治 まつした-ぐんじ

1867-1915 明治-大正時代の新聞経営者,政治家。
慶応3年5月5日生まれ。鉱山事業で財をきずき,明治32年「時論日報」を創刊したがまもなく廃刊。翌年「日出国(やまと)新聞」(のち「やまと新聞」)を買収して社長となる。41年衆議院議員(当選2回,立憲同志会)。大正4年10月23日死去。49歳。信濃(しなの)(長野県)出身。旧姓は坂戸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松下軍治の言及

【やまと新聞】より

…三遊亭円朝の講談速記の連載など庶民向けの編集方針で評判を得た。しかし他紙におされて紙勢振るわず,97年に子爵高島鞆之助(1844‐1916)に譲渡,さらに1900年には新聞経営者で政治家の松下軍治(1867‐1915)の手に移った。1900年11月から04年12月までは《日出国新聞》と改題し,〈やまと〉と読ませたが,以後は《やまと新聞》に復した。…

※「松下軍治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松下軍治の関連キーワード猪股為次上田重良江副靖臣上総一川尻東馬関新吾田能村秋皐羽田浪之紹花岡敏隆松宮幹樹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone