コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松倉嵐蘭 まつくら らんらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松倉嵐蘭 まつくら-らんらん

1647-1693 江戸時代前期の俳人。
正保(しょうほ)4年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩主松倉氏の支族。はじめ板倉家につかえ,辞して江戸にすみ,松尾芭蕉(ばしょう)に師事して「桃青門弟独吟二十歌仙」に名をつらねた。元禄(げんろく)6年8月27日死去。47歳。名は盛教。通称は甚兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松倉嵐蘭の言及

【嵐蘭】より

…江戸前期の俳人。姓は松倉,名は盛教,通称は又五郎,また文右衛門,甚兵衛。初め板倉侯に仕えたが,1691年致仕,江戸浅草に住んだ。延宝期(1673‐81)以来の蕉門俳人で,《桃青門弟独吟廿歌仙》以後諸書に入集,92年《罌粟合(けしあわせ)》を刊行したが,翌年8月27日没。芭蕉は〈悼嵐蘭詞〉を書いて剛直清廉の士であったことを称し,これを悼んだ。〈はつ市や雪に漕来る若菜船〉(《猿蓑》)。【石川 八朗】…

※「松倉嵐蘭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松倉嵐蘭の関連キーワード蕉門十哲嵐蘭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android