コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前邦広 まつまえ くにひろ

2件 の用語解説(松前邦広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松前邦広 まつまえ-くにひろ

1705-1743 江戸時代中期の大名。
宝永2年生まれ。旗本松前本広(もとひろ)の3男。松前矩広(のりひろ)の養子となり,享保(きょうほう)6年蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩主6代。倹約令をだし,綱紀の粛正,税制改革をすすめ,藩政の立て直しにつとめた。寛保(かんぽう)元年渡島(おしま)大島噴火にともなう大津波で多くの村が流失した。寛保3年閏(うるう)4月8日死去。39歳。初名は広国。通称は伝吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松前邦広

没年:寛保3.閏4.8(1743.5.31)
生年:宝永2(1705)
松前藩6代藩主。江戸の同族旗本松前本広(松前慶広の次男忠広の孫)の3男。母は幕臣杉原正長の娘。幼名を伝吉,初諱を広国と称す。5代藩主矩広の子が相次いで早世したため,享保1(1716)年矩広の養嗣子となり,5年矩広の死により翌年襲封し6代藩主となった。矩広治世の前半は,藩主一門の権力争い,シャクシャインの蜂起,藩財政の窮乏など藩制の全般的危機に遭遇したが,邦広は税制改革を主軸とした藩政改革に積極的に取り組み,藩制(政)のたてなおしに尽力。7代藩主資広と共に藩政中興の主と称されている。<参考文献>松前広長編『福山秘府』(『新撰北海道史』5巻),『松前町史』通説編1巻上,史料編1巻

(榎森進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松前邦広の関連キーワード松前城松前松前公広松前高広松前徳広松前矩広松前広長松前昌広松前盛広松前良広

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone