コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松室致 まつむろ いたす

2件 の用語解説(松室致の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松室致 まつむろ-いたす

1852-1931 明治-昭和時代前期の司法官,政治家。
嘉永(かえい)5年1月2日生まれ。明治18年判事になり,39年検事総長。大正元年第3次桂(かつら)内閣,5年寺内内閣の法相をつとめる。大正2年より法大学長。のち貴族院議員,枢密顧問官。昭和6年2月16日死去。80歳。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)出身。東京大学卒。著作に「改正刑事訴訟法論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松室致

没年:昭和6.2.16(1931)
生年:嘉永5.1.2(1852.1.22)
明治から昭和期の司法官,政治家。小倉藩(北九州市)藩士松室晨吾の長男。明治17(1884)年7月司法省法学校正則科(第2期生)を卒業後ただちに判事補,翌年判事に任ぜられ,浦和始審裁判所判事,東京地裁部長,東京控訴院判事などを歴任。31年6月司法部刷新にともなう大人事異動では,学歴のない特進組に代わって東京控訴院部長から5段飛びの長崎控訴院検事長に抜擢された。その後39年7月検事総長となり,大正1(1912)年12月と5年10月には2度司法大臣に就任するなど,司法界では組織的法学教育を受けた第一世代として累進した。また,貴族院議員,枢密顧問官,法政大学長なども歴任した。

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松室致の関連キーワード塩野季彦司法官憲石渡敏一乾孚志岸本康通土屋信民野添宗三原夫次郎福田五郎宮崎晋一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone