コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡康毅 まつおか やすたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡康毅 まつおか-やすたけ

1846-1923 明治-大正時代の司法官,政治家。
弘化(こうか)3年6月23日生まれ。東京裁判所長,東京控訴院長,大審院検事総長を歴任。貴族院議員,行政裁判所長官。明治39年第1次西園寺(さいおんじ)内閣の農商務相となる。大正6年男爵。枢密顧問官。また明治36年より日大学長をつとめた。長男は東京帝大教授松岡均平(きんぺい)。関東大震災で罹災し,大正12年9月1日死去。78歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。号は退堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡康毅

没年:大正12.9.1(1923)
生年:弘化3.6.23(1846.8.14)
明治大正期の官僚,政治家。父は阿波国(徳島県)の農民松岡康吉,母は春子。号は伴鶴,退堂。幼少時,墓場で子守をしながら文字を暗記し,それを父母に尋ねたという。安政6(1859)年ごろ江戸に出て文武の修業に励む。明治2(1869)年徳島藩知事蜂須賀茂韶に意見書を提出して認められ,翌年同藩少属となった。廃藩置県後上京して司法省に入り,以後長い間司法官の道を歩んだ。その間,19年から翌年にかけてプロイセン,オーストリアに留学。検事総長在任中の24年大津事件に遭遇し,犯人津田三蔵への大逆罪適用に反対した。翌年の司法官弄花事件に伴う省内の紛糾に際し,首相山県有朋に説得され大審院長児島惟謙と両成敗の形で辞任。第2,3次伊藤博文内閣で内務次官を務め,第2次山県内閣の第14議会では貴族院議員として宗教法案の成立に努めたほか,第1次西園寺内閣の農商務大臣も務めた。かたわら日本法律学校(日本大学)を再興し,大正6(1917)年男爵に叙せられたが,関東大震災の際罹災し葉山別邸で死去した。<参考文献>大山卯次郎編『松岡康毅先生伝』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松岡康毅の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松岡康毅の関連情報