コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡康毅 まつおか やすたけ

2件 の用語解説(松岡康毅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡康毅 まつおか-やすたけ

1846-1923 明治-大正時代の司法官,政治家。
弘化(こうか)3年6月23日生まれ。東京裁判所長,東京控訴院長,大審院検事総長を歴任。貴族院議員,行政裁判所長官。明治39年第1次西園寺(さいおんじ)内閣の農商務相となる。大正6年男爵。枢密顧問官。また明治36年より日大学長をつとめた。長男は東京帝大教授松岡均平(きんぺい)。関東大震災で罹災し,大正12年9月1日死去。78歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。号は退堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡康毅

没年:大正12.9.1(1923)
生年:弘化3.6.23(1846.8.14)
明治大正期の官僚,政治家。父は阿波国(徳島県)の農民松岡康吉,母は春子。号は伴鶴,退堂。幼少時,墓場で子守をしながら文字を暗記し,それを父母に尋ねたという。安政6(1859)年ごろ江戸に出て文武の修業に励む。明治2(1869)年徳島藩知事蜂須賀茂韶に意見書を提出して認められ,翌年同藩少属となった。廃藩置県後上京して司法省に入り,以後長い間司法官の道を歩んだ。その間,19年から翌年にかけてプロイセン,オーストリアに留学。検事総長在任中の24年大津事件に遭遇し,犯人津田三蔵への大逆罪適用に反対した。翌年の司法官弄花事件に伴う省内の紛糾に際し,首相山県有朋に説得され大審院長児島惟謙両成敗の形で辞任。第2,3次伊藤博文内閣で内務次官を務め,第2次山県内閣の第14議会では貴族院議員として宗教法案の成立に努めたほか,第1次西園寺内閣の農商務大臣も務めた。かたわら日本法律学校(日本大学)を再興し,大正6(1917)年男爵に叙せられたが,関東大震災の際罹災し葉山別邸で死去した。<参考文献>大山卯次郎編『松岡康毅先生伝』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡康毅の関連キーワード林田亀太郎官僚政治阿部浩井上孝哉大島久満次川真田徳三郎木内重四郎熊谷巌仲小路廉西脇晋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松岡康毅の関連情報