コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡磐吉 まつおか ばんきち

3件 の用語解説(松岡磐吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡磐吉 まつおか-ばんきち

?-1871 幕末の武士。
伊豆(いず)韮山(にらやま)(静岡県)の代官江川太郎左衛門の手代松岡正平の次男。長崎の海軍伝習所でまなぶ。咸臨丸(かんりんまる)の渡米の際は測量方,のち軍艦頭並にすすむ。慶応4年旧幕府艦隊の蟠竜(ばんりゅう)艦長として箱館(はこだて)湾などでたたかう。五稜郭(ごりょうかく)落城で降伏し,東京に護送されて明治4年獄死。

松岡磐吉 まつおか-いわきち

まつおか-ばんきち

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡磐吉

没年:明治4(1871)
生年:生年不詳
幕末の幕臣。「いわきち」とも。伊豆韮山代官江川太郎左衛門の家士であったが,長崎の海軍伝習所で航海術を学び,卒業後幕臣となる。万延1(1860)年,咸臨丸の渡米の際には測量方を務めた。明治1(1868)年1月軍艦頭並になり,同年8月榎本武揚が幕府艦隊を率いて蝦夷地に赴く際,軍艦「蟠竜」の艦長として従い,松前城攻撃に戦功を上げた。翌2年5月11日政府軍の箱館攻撃に際しては,政府軍艦朝陽の弾薬庫に砲弾を命中させてこれを撃沈。一方,蟠竜も多数の砲弾を受けたので,故意に座礁させて上陸,弁天砲台に逃げ込んだ。降伏後,榎本らと東京に護送され,同4年牢中で病死した。<参考文献>丸毛樵村「松岡磐吉君小伝」(『旧幕府』2巻7号)

(長谷川伸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡磐吉の関連キーワード堀利堅韮山農兵節韮山笠韮山頭巾太郎左衛門韮山〈町〉静岡県伊豆の国市韮山韮山岩木町韮山代官

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone