コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡筆子 まつおか ふでこ

1件 の用語解説(松岡筆子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡筆子 まつおか-ふでこ

1899-1989 明治-昭和時代,夏目漱石の長女。
明治32年5月31日生まれ。漱石の「吾輩は猫である」の登場人物モデルひとりといわれる。大正7年父の門下の松岡譲と結婚。この際,同門の久米正雄と松岡の間で筆子をめぐる確執があり,その経緯が久米の「破船」にかかれている。平成元年7月7日死去。90歳。熊本県出身。日本女子大付属高女卒。本名は筆。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松岡筆子の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置リジェンダー熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成金星探査機台湾映画竹下登内閣地理教育

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松岡筆子の関連情報