コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松嶺道秀 しょうれい どうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松嶺道秀 しょうれい-どうしゅう

1330-1417 南北朝-室町時代の僧。
元徳2年2月3日生まれ。臨済(りんざい)宗。黙翁祖淵(もくおう-そえん),実翁聡秀(じつおう-そうしゆう)らにまなび,寂室元光(じゃくしつ-げんこう)に師事してその法をつぐ。伊豆(いず)に林際寺をひらき,また近江(おうみ)永源寺の住持をつとめた。応永24年2月14日死去。88歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松嶺道秀 (しょうれいどうしゅう)

生年月日:1330年2月3日
南北朝時代;室町時代の臨済宗の僧
1417年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

松嶺道秀の関連キーワード室町時代生年月日臨済宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android