コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松嶺道秀 しょうれい どうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松嶺道秀 しょうれい-どうしゅう

1330-1417 南北朝-室町時代の僧。
元徳2年2月3日生まれ。臨済(りんざい)宗。黙翁祖淵(もくおう-そえん),実翁聡秀(じつおう-そうしゆう)らにまなび,寂室元光(じゃくしつ-げんこう)に師事してその法をつぐ。伊豆(いず)に林際寺をひらき,また近江(おうみ)永源寺の住持をつとめた。応永24年2月14日死去。88歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松嶺道秀の関連キーワードルーマニア史高階隆兼世良親王伊勢貞親川内川康富記足利持氏上杉禅秀の乱シスマ足利満隆

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone