コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平信庸(2) まつだいら のぶつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平信庸(2) まつだいら-のぶつね

1844-1918 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)15年8月11日生まれ。松平信宝(のぶたか)の子。文久2年出羽(でわ)上山(かみのやま)藩(山形県)藩主松平(藤井)家9代となる。慶応3年江戸市中取締を命じられ,鶴岡藩(庄内藩)などとともに薩摩(さつま)藩邸を襲撃した。戊辰(ぼしん)戦争で奥羽越列藩同盟に加盟して敗れ,明治元年隠居。大正7年3月5日死去。75歳。通称は彦四郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平信庸(2)の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))バンディエラ兄弟曲芸

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android