コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平吉品 まつだいら よしのり

1件 の用語解説(松平吉品の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平吉品 まつだいら-よしのり

1640-1711 江戸時代前期-中期の大名。
寛永17年4月11日生まれ。松平忠昌(ただまさ)の5男。正保(しょうほ)2年父の遺領から2万5000石を分与され越前(えちぜん)吉江藩主。兄光通(みつみち)の自害で,延宝2年福居(福井)藩主松平家5代となる。4年隠居したが,貞享(じょうきょう)3年6代藩主綱昌(つなまさ)が乱心を理由に改易(かいえき)となったため,半知25万石をもって7代藩主に再任された。宝永元年吉品を名のる。正徳(しょうとく)元年9月12日死去。72歳。初名は昌親(まさちか),のち昌明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平吉品の関連キーワード寺井養拙大石古閑大岡孚斎大田朴円勝継小林久佐中尾我黒服部樗洲松永春門山名雲巌

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone