コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定綱 まつだいら さだつな

2件 の用語解説(松平定綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定綱 まつだいら-さだつな

1592-1652* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)20年1月25日生まれ。松平定勝(さだかつ)の3男。慶長14年下総(しもうさ)山川1万5000石の藩主となる。常陸(ひたち)下妻(しもつま),遠江(とおとうみ)掛川,山城淀(よど),美濃(みの)大垣をへて,寛永12年伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平(久松)家初代。11万石。山鹿(やまが)素行にまなび,詩文集に「政余雕玉」。慶安2年施政方針25ヵ条「牧民後半」をまとめた。慶安4年12月25日死去。60歳。通称は三郎四郎。号は俊峰。越中守(えっちゅうのかみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平定綱

没年:慶安4.12.25(1652.2.4)
生年:文禄1(1592)
江戸前期の常陸下妻,遠江掛川,山城淀,美濃大垣,伊勢桑名藩主。徳川家康の異父弟松平定勝の3男。母は奥平貞友の娘。徳川秀忠に仕え,慶長14(1609)年下総山川1万5000石。のち書院番頭として大坂冬夏両陣で活躍。元和2(1616)年下妻3万石,4年掛川転封,9年淀3万5000石,寛永10(1633)年大垣6万石,12年桑名11万石と転封を重ねる。わずか9歳のとき,祖母(家康の生母)の邸の火事に駆けつけるに際し,江戸城の門番を一喝して開門を命じたり,鎖国ののち明国の援軍要請に応えて出兵を主張するなど,豪気な性格で知られていた山鹿素行に教えを受け,武断派の譜代大名の重鎮であった。<参考文献>新井白石『藩翰譜』,近藤杢編『桑名市史』

(根岸茂夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松平定綱の言及

【淀】より

…またここに淀藤岡城があったことは,1504年(永正1)ここにこもった薬師寺与一(元一)の敗退を伝える《細川両家記》《実隆公記》に明らかである。【脇田 晴子】
[近世]
 淀君の淀城も納所にあったが,1623年(元和9)松平定綱が淀に3万5000石で入封し(淀藩),ついで33年(寛永10)永井尚政が10万石で入り,淀城下町が整備され,淀の近世的景観が確立した。松平定綱は淀古城のつくられた納所ではなく,宇治川をはさんだ対岸の川中島に新淀城を建設,そこに池上町,下津町の城内町を形成させた。…

【淀藩】より

…山城国久世郡淀(現,京都市伏見区)に置かれた譜代中藩。1623年(元和9)伏見城の廃棄にともない京都守衛のために松平定綱が3万5000石で入封し立藩した。宇治川が淀川本流に合流する南方の川中島に築城し,25年(寛永2)完成したが,33年3代将軍徳川家光の上洛に先立ち腹心の永井尚政が10万石で,定綱に代わって淀城主となった。…

※「松平定綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平定綱の関連キーワード水戸光圀竹内春平松原広重智月尼井伊直武犬塚蘭園井上正民新庄直詮北条氏重松平定勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone