松平定陳(読み)まつだいら さだのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定陳 まつだいら-さだのぶ

1667-1702 江戸時代前期の大名。
寛文7年2月18日生まれ。松平定時(さだとき)の次男。兄定直(さだなお)が宗家松山藩をついだため,延宝4年10歳で伊予(いよ)(愛媛県)今治(いまばり)藩主松平(久松)家3代となる。弟定道(さだみち)(のち定昌(さだまさ))に5000石を分知。江島為信(えしま-ためのぶ)を家老に登用して法令・軍制を整備し,藩政の基礎をきずいた。学問,俳諧(はいかい)をこのんだ。元禄(げんろく)15年9月6日死去。36歳。初名は定真(さださね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android