松平家広(読み)まつだいら いえひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平家広 まつだいら-いえひろ

1577-1601 織豊時代の武将。
天正(てんしょう)5年生まれ。松平忠正(ただまさ)の長男。父の跡をついだ叔父忠吉(ただよし)が天正10年死去し,松平(桜井)家の家督をついだ。18年徳川家康の関東入りに際し,武蔵(むさし)松山城(埼玉県)1万石をあたえられた。慶長6年6月14日死去。25歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android