コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康任

3件 の用語解説(松平康任の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平康任

石見浜田藩主。通称岩吉郎・軍次郎・下野守等。康定の養子。江戸生。周防守・寺社奉行大坂城代・老中等を務める。著書に『木綿牒』『万葉六帖』等がある。天保12年(1841)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康任 まつだいら-やすとう

1780-1841 江戸時代後期の大名。
安永9年5月18日生まれ。分家松平康道の長男。松平康定(やすさだ)の婿養子となり,文化4年石見(いわみ)(島根県)浜田藩主松平(松井)家7代。奏者番,寺社奉行,大坂城代,京都所司代をつとめ,文政9年老中にすすむ。隠居後,密貿易(竹島事件)が発覚し,天保(てんぽう)7年永蟄居(えいちっきょ)となった。天保12年7月22日死去。62歳。通称は岩吉郎,軍次郎。周防守(すおうのかみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平康任

没年:天保12.7.22(1841.9.7)
生年:安永9(1780)
江戸後期の老中。文化4(1807)年5月,石見国浜田藩(島根県浜田市)藩主就任。文政5(1822)年7月大坂城代,同8年5月京都所司代,翌9年11月老中。天保5年(1834)2月,勝手掛老中水野忠成 の病死により勝手掛になる。しかし,翌6年10月,但馬国出石藩(兵庫県出石町)仙石家の御家騒動(仙石騒動)の関係者として責任を問われ,老中辞任。同12月隠居。7年3月には浜田藩時代の密貿易(竹島事件)が発覚し,陸奥国棚倉(福島県棚倉市)へ転封。同年12月永蟄居。順調に老中にまで昇り詰めたが,御家騒動に巻き込まれ,その手腕を発揮することなく失脚した人物。<参考文献>北島正元『水野忠邦

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平康任の関連キーワード羅城椿説弓張月青山忠良佐藤東斎白川伊右衛門松平忠固三上千羅三桝大五郎(5代)森忠哲和田宗淳

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone