コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平康孝 まつだいら やすたか

1件 の用語解説(松平康孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平康孝 まつだいら-やすたか

?-1537 戦国時代の武将。
松平信忠(のぶただ)の3男。鵜殿(うどの)松平氏。居城は三河(愛知県)三木(みつぎ)。天文(てんぶん)4年兄松平清康が刺殺されたのを機に攻めてきた織田信秀の大軍8000を,兵800をもって撃破した。天文6年1月11日死去。通称は十郎三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平康孝の関連キーワードノルウェー文学横浜市の要覧堀部邸明智秀満足利義昭五十嵐川犬山城Edward the Confessorオリンダ刈谷田川

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone