コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜殿 うどの

2件 の用語解説(鵜殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵜殿
うどの

三重県南端,紀宝町南東部の旧村域。熊野川河口北岸にあり,熊野灘に臨む。 1894年旧宇和野村より分離。 2006年紀宝町と合体。熊野街道 (国道 42号線) が通じ,古くから木材の集散と製材が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵜殿
うどの

三重県最南端、南牟婁(みなみむろ)郡にあった旧村名(鵜殿村(むら))。現在は紀宝町南部の地区。2006年(平成18)紀宝町に合併。熊野川河口左岸に位置し、合併前は面積2.88平方キロメートルの県下最小の自治体であった。鵜殿の名称の由来は不明だが、南北朝期からみえる地名。平地に乏しく地域のなかばは丘陵性山地(最高点462メートル)で、集落は熊野川と熊野灘(なだ)に沿う狭い平地に限られる。JR紀勢本線と国道42号が通じる。古くから熊野川を利用する木材の集積地で製材所も多く、1950年(昭和25)紀州製紙が紙・パルプ工場を開設して工場町となった。河口に砂嘴(さし)が発達し潟をつくっているのを利用して鵜殿工業港の整備が行われ、1993年(平成5)に完成している。[伊藤達雄]
『『鵜殿村史』全2巻(1991、1994・鵜殿村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜殿の関連キーワード三重県南牟婁郡紀宝町浅里三重県南牟婁郡紀宝町井田三重県南牟婁郡紀宝町井内三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿三重県南牟婁郡紀宝町大里三重県南牟婁郡紀宝町桐原三重県南牟婁郡紀宝町瀬原三重県南牟婁郡紀宝町たか岡三重県南牟婁郡紀宝町成川三重県南牟婁郡紀宝町鮒田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鵜殿の関連情報