松平霍山(読み)まつだいら かくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平霍山 まつだいら-かくざん

1719-1786 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)4年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩儒松平君山の長男。藩命で「士林泝洄(そかい)」「張州府志」の編集にあたった父に協力。多病のため,子の南山が君山の跡をついだ。天明6年3月10日死去。68歳。名は忠武。字(あざな)は純臣。通称は三左衛門。著作に「霍山詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android