多病(読み)たびょう

精選版 日本国語大辞典「多病」の解説

た‐びょう ‥ビャウ【多病】

〘名〙 (形動) からだが弱くよく病気をすること。病気がちであるさま。
※性霊集‐八(1079)被修公家仁王講表白「吾子多病、医薬不遑」
※俳諧・米沢家蔵芭蕉真蹟‐幻住菴記(1690頃)「同行曾良何がしといふもの、多病いぶかしなど袖をひかゆるに心たゆみて」 〔晉書‐衛玠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「多病」の解説

た‐びょう〔‐ビヤウ〕【多病】

[名・形動]病気がちなこと。よく病気をすること。また、そのさま。「才子多病

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android