コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平露 まつだいら つゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平露 まつだいら-つゆ

1817-1823* 江戸時代後期の少女。
文化14年11月2日生まれ。因幡(いなば)鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主松平冠山(池田定常)の16女。文政5年11月27日疱瘡(ほうそう)のため6歳で死去。父母,侍女にかきのこした遺書・遺詠が模刻されて親類・知人にくばられ,これが反響をよんで全国から千六百余点の弔辞,挽歌,絵画などがよせられた。冠山はこれを巻子30巻に仕立てて江戸浅草寺に奉納。幕臣宮崎栗軒(りっけん)の「視聴草(みききぐさ)」に配付品がとじこまれている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平露

没年:文政5.11.27(1823.1.3)
生年:文化14(1817)
江戸後期,観音の再来といわれ,6歳で没した利発な少女。都由とも書く。因幡国(鳥取県)若桜藩主松平冠山(定常)隠居後の末娘。母は妙。冠山は好学の大名として有名。露は仏心厚く,法話や聖賢の書,仏像画を好んだ。父母,侍女らに遺書を残して,疱瘡で病没。父冠山がその死をいたんで遺書と遺詠を模刻して親戚知友に配ったところ,幕臣宮崎栗軒がその著『視聴草』に掲げ,多くの人の知るところとなった。全国の人々から寄せられた弔辞,挽歌,絵画などの追悼品1600点余は浅草寺に秘蔵され,それらからは文化文政期の地域的,階層的に幅広い文化を察知できる。<参考文献>『玉露童女追悼集』全5巻,小谷恵造『池田冠山伝』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

松平露 (まつだいらつゆ)

生年月日:1817年11月2日
江戸時代後期の人
1823年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平露の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android