コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平露 まつだいら つゆ

2件 の用語解説(松平露の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平露 まつだいら-つゆ

1817-1823* 江戸時代後期の少女。
文化14年11月2日生まれ。因幡(いなば)鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主松平冠山(池田定常)の16女。文政5年11月27日疱瘡(ほうそう)のため6歳で死去。父母,侍女にかきのこした遺書・遺詠が模刻されて親類・知人にくばられ,これが反響をよんで全国から千六百余点の弔辞,挽歌,絵画などがよせられた。冠山はこれを巻子30巻に仕立てて江戸浅草寺に奉納。幕臣宮崎栗軒(りっけん)の「視聴草(みききぐさ)」に配付品がとじこまれている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平露

没年:文政5.11.27(1823.1.3)
生年:文化14(1817)
江戸後期,観音の再来といわれ,6歳で没した利発な少女。都由とも書く。因幡国(鳥取県)若桜藩主松平冠山(定常)隠居後の末娘。母は妙。冠山は好学の大名として有名。露は仏心厚く,法話や聖賢の書,仏像画を好んだ。父母,侍女らに遺書を残して,疱瘡で病没。父冠山がその死をいたんで遺書と遺詠を模刻して親戚知友に配ったところ,幕臣宮崎栗軒がその著『視聴草』に掲げ,多くの人の知るところとなった。全国の人々から寄せられた弔辞,挽歌,絵画などの追悼品1600点余は浅草寺に秘蔵され,それらからは文化文政期の地域的,階層的に幅広い文化を察知できる。<参考文献>『玉露童女追悼集』全5巻,小谷恵造『池田冠山伝』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平露の関連キーワード准胝観音聖観音楊柳観音阿耨観音観音の本誓観音力再来第二大悲観音清水嘉門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone