コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼学 まつだいら よりさと

美術人名辞典の解説

松平頼学

伊予松平家九代当主。頼啓の嫡男。従四位上、侍従となり、左近衛権少将に任じられる。多芸多能で、詩歌・俳句・書画に堪能であった。また学を好み、藩から碩学武芸の達人を多く輩出する。慶応元年(1865)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼学 まつだいら-よりさと

1809*-1865 江戸時代後期の大名。
文化5年12月3日生まれ。松平頼啓(よりゆき)の長男。天保(てんぽう)3年伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平(紀伊(きい))家9代となる。定府(じょうふ)の同藩藩主として100年ぶりに入国。文武を奨励し,日野醸泉(じょうせん)に命じて「西条誌」20巻を編集させた。慶応元年8月14日死去。58歳。号は玉淵など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平頼学の関連キーワード徳川 茂承松平頼英徳川茂承

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android