コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼学 まつだいら よりさと

美術人名辞典の解説

松平頼学

伊予松平家九代当主。頼啓の嫡男。従四位上、侍従となり、左近衛権少将に任じられる。多芸多能で、詩歌・俳句・書画に堪能であった。また学を好み、藩から碩学武芸の達人を多く輩出する。慶応元年(1865)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼学 まつだいら-よりさと

1809*-1865 江戸時代後期の大名。
文化5年12月3日生まれ。松平頼啓(よりゆき)の長男。天保(てんぽう)3年伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平(紀伊(きい))家9代となる。定府(じょうふ)の同藩藩主として100年ぶりに入国。文武を奨励し,日野醸泉(じょうせん)に命じて「西条誌」20巻を編集させた。慶応元年8月14日死去。58歳。号は玉淵など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平頼学の関連キーワード徳川 茂承松平頼英徳川茂承

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android