コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松木俊章 まつき としあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木俊章 まつき-としあき

1804-1848 江戸時代後期の国学者。
文化元年2月生まれ。筑前(ちくぜん)夜須郡(福岡県)大己貴(おおなむち)神社の神職。青柳種信(たねのぶ),足代弘訓(あじろ-ひろのり),平田篤胤(あつたね)らをたずね教えをうけた。郷里で家塾をひらき,図書の収集につとめた。嘉永(かえい)元年10月8日死去。45歳。通称は百重,大弐。号は竹亭,萩乃舎など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松木俊章の関連キーワード国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android