コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松木俊章 まつき としあき

1件 の用語解説(松木俊章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木俊章 まつき-としあき

1804-1848 江戸時代後期の国学者。
文化元年2月生まれ。筑前(ちくぜん)夜須郡(福岡県)大己貴(おおなむち)神社の神職。青柳種信(たねのぶ),足代弘訓(あじろ-ひろのり),平田篤胤(あつたね)らをたずね教えをうけた。郷里で家塾をひらき,図書の収集につとめた。嘉永(かえい)元年10月8日死去。45歳。通称は百重,大弐。号は竹亭,萩乃舎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松木俊章の関連キーワード国学者加藤千年三鍼那須高堅原田数子福居芳麿堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳