松本 ツマ(読み)マツモト ツマ

20世紀日本人名事典「松本 ツマ」の解説

松本 ツマ
マツモト ツマ

大正・昭和期の助産婦 岩木村議。



生年
明治32(1899)年

没年
昭和37(1962)年

出生地
青森県中津軽郡岩木村(現・岩木町)

旧姓(旧名)
三上

経歴
青森県中津軽郡の開業医の下で見習い看護婦となる。その傍ら独学で看護婦・産婆免状を取得し、12年郷里青森県岩木村で産婆を開業した。以来、約30年間にとりあげた子供の数は1万人を超えると言われる。その一方で地域活動にも積極的に参加し、青森県愛国婦人会や同国防婦人会の会長を歴任。昭和22年には女性にも被選挙権が与えられた戦後初の選挙で当選し、同村ではじめて婦人村会議員となった。地方の医療や婦人問題・社会福祉に尽くすところが大きく、28年に同村八幡長根に記念碑が建立された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android