免状(読み)めんじょう

精選版 日本国語大辞典「免状」の解説

めん‐じょう ‥ジャウ【免状】

〘名〙
赦免の旨をしるした文書。赦免状。
※源平盛衰記(14C前)九「一通は太政入道の免状(メンジャウ)也」
② 朝廷、幕府、荘園領主などが年貢課役を免除することを認めた文書。免除状。免除帳。
※高野山文書‐応永一九年(1412)一二月一九日・三所十聴衆評定事書案「就中帯両所之免状之由、雖訴訟申」
③ 江戸時代、その年の納租額を明細に記して、領主から村方へ交付する文書。
※経済録(1729)五「代官巡行して見たる通りを其領主に告て、領主より其年の免を定て、文書を民に下して租を徴す、是を免状といふ」
※松隣夜話(1647頃)上「降参の諸将に対面座し即座にて本領安堵の免状を給はる」
※太政官第二一四号‐明治五年(1872)八月二日(法令全書)「小学私塾は小学教科の免状あるもの私宅に於て教るを称すべし」
※葬列(1906)〈石川啄木〉「文部省の検定試験を受けて、歴史科中等教員の免状を貰ふた」
⑥ 学校の卒業証書の俗称。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「俊、鶴ちゃんの免状は何処にあったっけねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「免状」の解説

めん‐じょう〔‐ジヤウ〕【免状】

の証として授与する文書。免許状。「教員の免状」「渡航免状
卒業証書のこと。「総代で免状をもらう」
江戸時代、その年の上納すべき年貢高を記して、領主から村方へ交付した文書。年貢割付状。
赦免状のこと。
「一通は太政入道の―なり」〈盛衰記・九〉
[類語](1免許状免許証

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の免状の言及

【年貢割付状】より

…江戸時代,幕領であれば代官,藩領であれば郡奉行(こおりぶぎよう)など出先の農政役人が定めたその年の年貢高を,村に通達する文書。御成箇割付(おなりかわりつけ),可納割付(かのうわつぷ),免状,下札(さげふだ)ともいう。幕領代官所には年貢割付あるいは下帳・元帳という台帳が作成される例があり,成箇郷帳(なりかごうちよう)(取箇郷帳),年貢皆済目録(ねんぐかいさいもくろく)とともに地方(じかた)三帳と称し,農村支配のための基本的な年貢徴収の帳簿であった。…

【免】より

…江戸時代の貢租率ないしは貢租額の意。〈免相(合)(めんあい)〉ともいう。納租額を記して領主から村方に交付する文書を〈免定(状)(めんじよう)〉と呼び,また各百姓への割付けを〈免割(めんわり)〉と称した。《田法雑話》には〈田畠の高壱石に付て取米何程と云あたりを免と云〉とあり,《地方凡例録(じかたはんれいろく)》も〈仮令ば下田高弐百石,免三つにて此取米六拾石〉としている。この免を基礎に,ならし免,土免(つちめん),定免(じようめん),段免などの用語も生まれた。…

※「免状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android