コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免状 メンジョウ

3件 の用語解説(免状の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めん‐じょう〔‐ジヤウ〕【免状】

免許の証として授与する文書。免許状。「教員の免状」「渡航免状
卒業証書のこと。「総代で免状をもらう」
江戸時代、その年の上納すべき年貢高を記して、領主から村方へ交付した文書。年貢割付状。
赦免状のこと。
「一通は太政入道の―なり」〈盛衰記・九〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めんじょう【免状】

免許の証として交付される証明書。免許状。
卒業証書のこと。お免状。
江戸時代、領主がその年の年貢の割合を定めて村方に下した文書。
赦免の意を記した文書。赦免状。 「囚人七人の-なり/謡曲・春栄」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の免状の言及

【年貢割付状】より

…江戸時代,幕領であれば代官,藩領であれば郡奉行(こおりぶぎよう)など出先の農政役人が定めたその年の年貢高を,村に通達する文書。御成箇割付(おなりかわりつけ),可納割付(かのうわつぷ),免状,下札(さげふだ)ともいう。幕領代官所には年貢割付あるいは下帳・元帳という台帳が作成される例があり,成箇郷帳(なりかごうちよう)(取箇郷帳),年貢皆済目録(ねんぐかいさいもくろく)とともに地方(じかた)三帳と称し,農村支配のための基本的な年貢徴収の帳簿であった。…

【免】より

…江戸時代の貢租率ないしは貢租額の意。〈免相(合)(めんあい)〉ともいう。納租額を記して領主から村方に交付する文書を〈免定(状)(めんじよう)〉と呼び,また各百姓への割付けを〈免割(めんわり)〉と称した。《田法雑話》には〈田畠の高壱石に付て取米何程と云あたりを免と云〉とあり,《地方凡例録(じかたはんれいろく)》も〈仮令ば下田高弐百石,免三つにて此取米六拾石〉としている。この免を基礎に,ならし免,土免(つちめん),定免(じようめん),段免などの用語も生まれた。…

※「免状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

免状の関連情報