松本 恵雄(読み)マツモト シゲオ

20世紀日本人名事典の解説

松本 恵雄
マツモト シゲオ

昭和・平成期の能楽師(宝生流シテ方)



生年
大正4(1915)年10月7日

没年
平成15(2003)年2月5日

出生地
東京

学歴〔年〕
早稲田大学中退

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞大賞〔昭和58年〕「大原御幸

経歴
楽宝生流シテ方、松本長の二男として生まれる。20代で修業を始め宝生九郎野口兼資近藤乾三に師事。昭和11年仕舞「鞍馬天狗」で初舞台。28年「道成寺」、33年「翁」、56年「鷺」「鸚鵡小町」などを手がけ、宝生流の第一人者に。「大原御幸」のような品格のある曲目で高く評価された。平成3年人間国宝に認定された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

松本 恵雄
マツモト シゲオ


職業
能楽師(宝生流シテ方)

肩書
重要無形文化財保持者(能シテ方)〔平成3年〕

生年月日
大正4年 10月7日

出生地
東京市 神田区(東京都 千代田区)

学歴
早稲田大学〔昭和8年〕中退

経歴
能楽宝生流シテ方、松本長の二男として生まれる。昭和5年兄・孝(のち俳人となる)について謡・仕舞の稽古を始め、8年早稲田大学中退後、能に専念する。10年17代宝生九郎重英に入門。11年仕舞「鞍馬天狗」で初舞台。13年「花月」で初シテをつとめる。19年横須賀海兵団に応召。戦後23年頃から野口兼資、近藤乾三にも師事。28年「道成寺」、33年「翁」、56年「鷺」「鸚鵡小町」などを手がけ、精緻重厚な演技で宝生流の第一人者に。「大原御幸」のような品格のある曲目で高く評価された。40年より日本能楽会会員。平成3年人間国宝に認定される。写真集に「松本恵雄舞姿百撰」がある。

受賞
芸術選奨新人賞(第19回 昭43年度),観世寿夫記念法政大学能楽賞〔昭和57年〕,芸術祭賞大賞(第37回 昭57年度)〔昭和58年〕「大原御幸」,早稲田大学芸術功労者〔平成10年〕

没年月日
平成15年 2月5日 (2003年)

家族
父=松本 長(能楽師),兄=松本 たかし(俳人)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

松本 恵雄 (まつもと しげお)

生年月日:1915年10月7日
昭和時代;平成時代の能楽師(宝生流シテ方)
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android