コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝生九郎 ホウショウクロウ

6件 の用語解説(宝生九郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうしょう‐くろう〔ホウシヤウクラウ〕【宝生九郎】

能楽師。シテ方宝生流家元の芸名。16世知栄(ともはる)[1837~1917]が有名で、維新後の能楽復興に尽力。明治三名人の一人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宝生九郎【ほうしょうくろう】

能楽師。シテ方宝生流16世宗家。実名知栄(ともはる)。15世宝生弥五郎友于(ともゆき)の次男。高い識見と格調ある芸で明治能楽界の指導的位置にあり,梅若実桜間伴馬とともに明治三名人と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

宝生九郎

没年:大正6.3.9(1917)
生年:天保8.6.8(1837.7.10)
江戸末期から大正時代の能楽師。シテ方宝生流16代宗家。幼名石之助。本名は知栄。15代宝生弥五郎友于の次男として生まれ,17歳で家督を相続。明治維新後の能楽変革期に斯道復興のために尽力し,能楽界の中心的存在として活躍。格調高い芸風と名調子の謡で,初代梅若実,桜間伴馬と共に明治の三名人とうたわれる。ワキ・囃子・狂言方についても造詣が深く,傑出した指導者として君臨した。30番もの曲を宝生流現行曲から廃絶したことは有名。門下に松本長,野口兼資など多くの名人を輩出し,宝生流隆盛の基礎を築いた。<参考文献>柳沢英樹『宝生九郎伝』

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょうくろう【宝生九郎】

能の宝生流シテ方宗家の通り名。8,9,10,11,12,13,16,17世の8人が名のり,16世が有名。16世(1837‐1917∥天保8‐大正6)は幼名石之助。本名九郎知栄(ともはる)。15世宝生弥五郎友于(ともゆき)の次男として生まれ,1853年(嘉永6)家督を相続。明治維新後の能楽復興に力を注ぎ,初世梅若実桜間伴馬(ばんま)とともに明治の三名人とうたわれ,明治能楽界の支柱となって活躍した。1906年《安宅》延年之舞を演じて舞台を引退,その後は謡専門に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうしょうくろう【宝生九郎】

(一六世)(1837~1917) 能楽師。シテ方。九郎知栄。幼名石之助。明治維新後の能楽復興に努め、格調高い芸風と美声で名人といわれた。 〔九郎はシテ方宝生流宗家の通り名〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝生九郎
ほうしょうくろう

能楽師。能のシテ方宝生流宗家の通り名で、8世~13世、16世と17世が名のるが、とくに16世が有名。[増田正造]

16世

(1837―1917)本名宝生知栄(ともはる)。幼名石之助。江戸・神田に生まれる。梅若実(うめわかみのる)、桜間伴馬(さくらまばんま)とともに明治三名人とうたわれた。最後の太夫(たゆう)らしい太夫といわれる。初舞台は6歳で江戸城本丸の『関寺与市』。幕府が倒れると、隠居を決意して能を離れ、商人あるいは農業を志したというから、当時の混乱ぶりがしのばれる。1878年(明治11)宮内省御能係となり、以後、能楽復興の支柱となる。人格の高さ、たぐいない識見、故実の詳しさ、気品ある芸格、抜群の美声で、明治能楽界に君臨した。70歳の『安宅(あたか)』で能を舞い納め、以後は後進の養成に没頭した。門下に松本長(ながし)、野口兼資(かねすけ)、近藤乾三(けんぞう)らの名手が輩出。その厳しい稽古(けいこ)ぶりは有名であった。幕末最後の勧進能(かんじんのう)(1848)における少年石之助時代を描いた映画に、伊藤大輔(だいすけ)監督の『獅子(しし)の座』(1953)があり、父15世宝生太夫友于(ともゆき)に長谷川一夫(はせがわかずお)、石之助に津川雅彦(まさひこ)が扮(ふん)した。著書に『謡曲口伝』。[増田正造]

17世

(1900―1974)分家宝生嘉内の次男勝。京都に生まれる。18歳で宗家継承、重英(しげふさ)と名のり、のちに九郎を襲名。堅実な芸風であり、能楽界の要(かなめ)となる政治的な手腕にも優れた。芸術院会員。その嗣子(しし)宝生英雄(ふさお)(1920―1995)が18世、宝生英照(ふさてる)(1958―2010)が19世、宝生和英(かずふさ)(1986― )が20世として宗家を継承している。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝生九郎の関連キーワード宝生流下掛宝生流宝生松本長宝生九郎(1)宝生重友宝生友精宝生友春宝生英勝宝生英雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone