コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口兼資 のぐちかねすけ

7件 の用語解説(野口兼資の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野口兼資
のぐちかねすけ

[生]1879.11.7. 東京
[没]1953.10.4. 福岡
能楽師,宝生流シテ方。野口家は名古屋の宝生流の旧家。祖父野口庄兵衛に養われ,7歳で初舞台を踏み,14歳以降,16世宝生九郎の弟子となり,その薫陶を受けた。難声ながら強靭で気品のある芸風は幽玄で,本三番目物にすぐれ,名人の名をほしいままにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のぐち‐かねすけ【野口兼資】

[1879~1953]能楽師。シテ方宝生流。愛知の生まれ。16世宝生九郎(知栄)の高弟。幽玄な芸風で、松本長(まつもとながし)と並ぶ名人といわれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野口兼資【のぐちかねすけ】

能楽師。宝生流シテ方。旧名政吉。16世宝生九郎に師事。悪声であったが鬘物(かつらもの)にすぐれ,幽玄無上の芸境をみせた名人。喜多六平太と〈六平太は気合の人,兼資は位の人〉と並称された。
→関連項目松本長

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口兼資 のぐち-かねすけ

1879-1953 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治12年11月7日生まれ。宝生(ほうしょう)流。16代宝生九郎に師事,演技をたかく評価され,松本長(ながし)とならんで流派の双璧(そうへき)と称された。昭和23年「姨捨(おばすて)」で芸術院賞。昭和28年10月4日福岡市の舞台で急死。73歳。愛知県出身。本名は政吉。著作に「黒門町芸話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のぐちかねすけ【野口兼資】

1879‐1953(明治12‐昭和28)
能楽師,宝生流シテ方。本名は政吉。1931年兼資と改名。宝生流の名家野口庄兵衛の孫。祖父に謡を,松本金太郎に型を学び,1892年16世宗家宝生九郎に入門,40歳代まできびしい稽古(けいこ)を受けた。芸風は幽玄無上というべきもので,相弟子松本長(ながし)とともに宝生流の両名人といわれた。1947年《姨捨(おばすて)》を演じて芸術院賞を受け,50年日本芸術院会員となる。非常な難声であったが,強靱な力と気品に満ちた演技で高い評価を得,流内外を問わず師表と仰がれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のぐちかねすけ【野口兼資】

1879~1953) 能楽師。シテ方宝生流。名古屋生まれ。一六世宝生九郎(知栄)の高弟で、同門の松本長ながしと並び称せられた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野口兼資
のぐちかねすけ
(1879―1953)

能役者。宝生(ほうしょう)流シテ方。本名政吉(まさきち)。名古屋に生まれる。祖父野口庄兵衛(しょうべえ)と、明治の三名人の1人16世宝生九郎に師事し、松本長(ながし)と双璧(そうへき)とうたわれた。気合の喜多六平太(きたろっぺいた)、位の野口兼資ともいわれ、難声であったが、そのリズム感のみごとさ、能における存在感の卓越は、他流の観世寿夫(かんぜひさお)に至る多くの後継者に大きな影響を与えた。世阿弥(ぜあみ)の主張した幽玄の芸位を極めた至高の名人。1950年(昭和25)芸術院会員。『隅田川』の演能中、福岡の舞台で急逝。著書に『黒門町芸話』(1943)、『兼資芸話』(1953)がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野口兼資の関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone