コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本健一 まつもと けんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本健一 まつもと-けんいち

1946-2014 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和21年1月22日生まれ。会社づとめのあと法大大学院で近代日本文学を研究。昭和46年の「若き北一輝」で注目をあびる。以後,日本近代精神史の分野で評論活動を展開。京都精華大教授をへて麗沢大教授。平成17年「評伝 北一輝」などで司馬遼太郎賞,毎日出版文化賞。平成26年11月27日死去。68歳。群馬県出身。東大卒。著作はほかに「大川周明」「石川啄木」「中里介山」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松本健一【まつもとけんいち】

評論家。群馬県生まれ。埼玉県立熊谷高等学校を経て,1968年東京大学経済学部卒業。会社勤めの後,法政大学大学院で近代日本文学を専攻。在学中の1971年,評伝《若き北一輝》で注目される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

松本健一の関連キーワード安政五か国条約秋月悌次郎菅直人内閣井上光晴斎藤隆夫評論家開国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本健一の関連情報