コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北一輝 きたいっき

7件 の用語解説(北一輝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北一輝
きたいっき

[生]1883.4.3. 佐渡
[没]1937.8.19. 東京
国家主義運動の理論的指導者。本名輝次郎。 1919年に執筆した『日本改造法案大綱』は陸軍青年将校の革命のバイブルとされた。 1937年刑死。その他の著作『支那革命外史』 (1915) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きた‐いっき【北一輝】

[1883~1937]国家主義者。新潟の生まれ。本名、輝次郎。初め社会主義に近づき、また中国革命に参加。のち右翼運動の理論的指導者となる。著「日本改造法案大綱」は青年将校に大きな影響を与えた。二・二六事件に連座して死刑。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北一輝【きたいっき】

日本ファシズムの理論的指導者。本名は輝次郎(てるじろう)。佐渡の生れ。23歳で《国体論及び純正社会主義》を著して発禁。中国革命同盟会に入り,辛亥革命のとき中国に渡り民族主義派と結ぶ。
→関連項目大川周明国家社会主義桜会昭和維新高畠素之西田税朴烈事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北一輝 きた-いっき

1883-1937 大正-昭和時代前期の思想家。
明治16年4月3日生まれ。黒竜会にくわわり,辛亥(しんがい)革命がおきると中国にわたって革命運動を支援した。帰国後「日本改造法案大綱」を刊行。クーデターによる国家改造を主張して,西田税(みつぎ),皇道派の青年将校らに影響をあたえる。二・二六事件には直接関与しなかったが,事件の黒幕とみなされ,昭和12年8月19日処刑された。55歳。新潟県出身。名は輝次郎(てるじろう)。
【格言など】父はただこの法華経(ほけきょう)をのみ汝(なんじ)に残す(養子あて遺書)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きたいっき【北一輝】

1883‐1937(明治16‐昭和12)
国家主義運動の理論的指導者。新潟県佐渡島の海産問屋に生まれる。本名は輝次郎。1904年上京,早稲田大学聴講生となり,ほとんど独学で06年《国体論及び純正社会主義》を自費出版したが,発売を禁止された。黒竜会に参加し,辛亥革命が起こると中国に渡り,宋教仁らを支援した。13年退去命令により帰国,《支那革命外史》を著し,16年ふたたび中国に渡ったが,五・四運動に直面して,19年上海で《国家改造案原理大綱》を執筆した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたいっき【北一輝】

1883~1937) 国家主義者。佐渡生まれ。本名、輝次郎。大川周明らの猶存社に参加。著書「日本改造法案大綱」は陸軍青年将校に深い影響を与えた。二・二六事件に連座して死刑。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北一輝
きたいっき
(1883―1937)

戦前右翼の理論的最高指導者。明治16年4月3日、新潟県佐渡島で酒造業を営む旧家の長男として生まれた。本名輝次郎(てるじろう)。中学4年で中退後多くの書籍を読破、18歳ごろから『佐渡新聞』を舞台とする地方論客となり、「咄(ああ)、非開戦を云(い)ふ者」など、帝国主義と社会主義を合一する論陣を張った。1904年(明治37)秋上京、早稲田(わせだ)大学の聴講生となり、06年1000ページもの大著『国体論及び純正社会主義』を自費出版した。天皇の万世一系を否定し、天皇は国の最高機関の一構成員にすぎないとした国体論は、世に衝撃を与えた。この本は発禁となったが、彼を中国同盟会へ入党させる機縁をつくった。同盟会で北は孫文(そんぶん/スンウェン)と対立、国粋主義の宗教仁(そうきょうじん/ソンチャンレン)と結んだ。11年辛亥(しんがい)革命が起こると、中国に渡って革命に参加、帰国後『支那(しな)革命外史』を書き、日本の外交を論じた。16年(大正5)に第三革命が起こるとふたたび中国に渡り3年余活動したが、19年に勃発(ぼっぱつ)した五・四運動を正しく理解できず、とまどいのなか上海(シャンハイ)で『国家改造案原理大綱』(1923年に『日本改造法案大綱』と改題して刊行)を一気に書き上げた。天皇大権による戒厳令、国家機構改造、アジア大帝国の建設を論じたこの本は、その後長く右翼のバイブルになった。同19年大川周明(しゅうめい)や満川亀太郎(みつかわかめたろう)と猶存社(ゆうぞんしゃ)を創立したが、北と大川の対立で23年解散。その後は右翼団体をつくらず黒幕的存在となり、西田税(みつぎ)を通じて青年将校を組織しながら軍隊内部の右翼運動の情報集めなどを行った。一方では「安田共済生命事件」などで「事件屋」として暗躍し、「朴烈(ぼくれつ)・文子(あやこ)怪写真事件」などの怪文書をばらまいた。牧野伸顕(のぶあき)らに汚職があるとした「宮内省怪文書事件」では、懲役5か月の実刑を受けた。なお、31年(昭和6)以降三井財閥から年額2~3万円の情報料を支給されている。以後、十月事件、五・一五事件などのクーデター計画やロンドン軍縮条約反対運動などに関与。36年の二・二六事件では、青年将校らの決起を事前に知ったものの、これを押さえることができないと知るや、助言、激励を与えた。これは叛乱幇助(はんらんほうじょ)にすぎなかったが、『日本改造法案大綱』を危険思想とみなした軍部により、特設軍法会議で叛乱首魁(しゅかい)として死刑判決を受け、昭和12年8月19日、西田税とともに銃殺された。[大野達三]
『『北一輝著作集』全3巻(1959~72・みすず書房) ▽田中惣五郎著『日本ファシズム史』(1960・河出書房) ▽久野収著『北一輝』(1963・朝日新聞社) ▽松本清張著『北一輝論』(1978・講談社) ▽大野達三著『昭和維新と右翼テロ』(1981・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北一輝の言及

【宋教仁】より

…武昌蜂起後は法制の整備と政党政治の確立に心血をそそいだが,彼の率いる国民党の勢力をおそれた袁世凱の手により13年3月暗殺された。北一輝が《支那革命外史》で譚人鳳(1860‐1920)とともに宋教仁を高く評価していることは注目される。【狭間 直樹】。…

【日本改造法案大綱】より

北一輝の著作。北が1919年(大正8)8月に上海において書きあげ謄写版で印刷して配布した〈《国家改造案原理大綱》〉が内務省により発売頒布を禁止され,23年に改造社より〈《日本改造法案大綱》〉の題名で削除と伏字だらけで刊行され,26年に西田税の手により再刊され,28年(昭和3)には同じく西田の手で削除と伏字を復活させた版が刊行された。…

【ファシズム】より

…また,多くの場合,世界史は〈人種間闘争〉の場と解され,とくにナチズムにおいては,〈ユダヤ支配の除去〉が自己の使命とされた(アンチ・セミティズム)。こうしたファシズムの思想は,ヒトラーの《わが闘争》(1924)のなかに全面的に展開されているが,日本においても北一輝の《日本改造法案大綱》ほか一連の著作にそれに見合う内容がみられる。
[支配体制]
 上述のように,ファシズムの運動は,世界恐慌を背景として,イギリス,フランスなど当時の先進資本主義国家においても発生している。…

【猶存社】より

…前年来の老壮会の活動にあきたらなくなっていた満川亀太郎が,より実践的な活動をめざして設立を首唱した。1919年理論的指導者とするため北一輝を呼びよせるよう満川に依頼されて上海に赴いた大川周明が北の《国家改造案原理大綱》(のち《日本改造法案大綱》と改題)をもち帰ると,ただちにそれを刊行したのを皮切りに,翌年北の帰国後,機関誌《雄叫》の発行,〈革命日本の建設,日本国民の合理的組織,民族解放運動,道義的対外策の遂行〉など7綱領の制定など,組織としての内実を整えていった。この間,鹿子木員信,安岡正篤,笠木良明らが同人となった。…

※「北一輝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北一輝の関連キーワード青木隆天田貞吉熊谷巌千宗左(12代)土屋興二条厚基原口徠山田信一郎吉田真策鷲野米太郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北一輝の関連情報