コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本古堂 まつもと こどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本古堂 まつもと-こどう

1819-1878 幕末-明治時代の儒者,医師。
文政2年2月10日生まれ。九州の亀井昭陽,京都の摩島松南,江戸の梁川星巌(やながわ-せいがん),安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなび,出雲(いずも)(島根県)杵築(きつき)の千家家と北島家につかえる。頼三樹三郎(らい-みきさぶろう)らと親交をもち,勤王のためにつくした。安政5年星巌の死をみとり,晩年は杵築で勇塾をひらいた。明治11年1月死去。60歳。出雲出身。名は元裕。字(あざな)は士竜。通称に巌(いわお),暢元など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本古堂の関連キーワード松本巌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android