コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本魯堂 まつもと ろどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本魯堂 まつもと-ろどう

1785-1838 江戸時代後期の儒者。
天明5年生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士神保蘭室にまなぶ。文政6年支藩米沢新田藩の家老となる。米沢藩校興譲館の都講もつとめた。天保(てんぽう)9年10月24日死去。54歳。名は秀実。通称は徳之助,彦左衛門。著作に「献芹録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本魯堂の関連キーワード儒者

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android