松村組(読み)まつむらぐみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松村組
まつむらぐみ

建設会社。 1894年,京都府福知山市において,土木建築の請負業を目的として個人創業。 1919年に改組して現社名となる。その後,東京,福岡,広島,札幌などに次々と支店を設置し,業務の拡大を行う。建築を主体とするが,現在は地下鉄工事,工業団地宅地造成などの土木工事,建設コンサルタント業務,不動産の売買なども手がける。売上構成比は,建築 80%,土木 19%,不動産1%。年間売上高 2179億 3100万円,資本金 30億円,従業員数 2028名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android