連結子会社(読み)れんけつこがいしゃ

百科事典マイペディア「連結子会社」の解説

連結子会社【れんけつこがいしゃ】

連結上から子会社とされる,親会社支配している会社のこと。会社法上の子会社を含むが,同法で子会社概念に当たらない会社(関係会社)も含まれる。2002年の商法特例法改正により,財務諸表規則にいう子会社が商法特例法の規制対象となるために設けられた概念。具体的には,親会社が単独で,あるいは親会社および子会社が共同で,または子会社が単独で株主総会等の意思決定機関を支配している会社がこれに該当する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「連結子会社」の解説

れんけつ‐こがいしゃ〔‐こグワイシヤ〕【連結子会社】

連結決算の対象となる子会社
[補説]原則として、子会社はすべて連結子会社となるが、親会社による支配が一時的であったり、その社の損益企業グループにとって重要でないと判断される場合は、除外されることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android