コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松沢宥 まつざわゆたか

百科事典マイペディアの解説

松沢宥【まつざわゆたか】

美術家。長野県生れ。早大卒。1952年美術文化協会展に初出品。1957年より読売アンデパンダン展に発表。1964年より物体としての作品制作をやめ,儀式ふうのパフォーマンスと言語による作品を展開。
→関連項目メール・アート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松沢宥 まつざわ-ゆたか

1922-2006 昭和後期-平成時代の美術家。
大正11年2月2日生まれ。美術文化協会展,読売アンデパンダン展に出品。神秘的な記号による絵画,立体作品を制作し,非感覚絵画を提唱する。昭和39年以降は文章とパフォーマンスを表現手段とする作品を発表,日本の観念芸術先駆者として国際的な注目をうけた。平成18年10月15日死去。84歳。長野県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松沢宥の関連キーワードコンセプチュアル・アート美術家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android