コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松沢義章 まつざわ よしあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松沢義章 まつざわ-よしあきら

1791-1861 江戸時代後期の国学者。
寛政3年生まれ。信濃(しなの)(長野県)上諏訪(かみすわ)で金銀,べっこうをあきなう。佐藤一斎にまなび,天保(てんぽう)4年43歳で平田篤胤(あつたね)の門にはいる。高野長英,最上(もがみ)徳内,平田銕胤(かねたね)らと親交があり,地方史の研究もおこなった。万延2年2月2日死去。71歳。通称は四郎右衛門。屋号は丸屋。号は鵞湖山人など。著作に「春秋大意」「洲羽(すわ)国考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松沢義章の関連キーワード国学者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android