コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松波資之 まつなみ すけゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松波資之 まつなみ-すけゆき

1831*-1906 幕末-明治時代の歌人。
天保(てんぽう)元年12月19日生まれ。安芸(あき)広島の商人岡田集介の次男。京都徳大寺家につかえ,のち北面の武士松波家の養子となる。香川景樹(かげき)にまなび,景樹没後はその子の景恒をたすけて東塢塾を主宰。維新後は皇太后宮の内舎人(うどねり),雑掌をつとめた。明治39年9月13日死去。77歳。通称は直三郎,大学大允。号は遊山,随所。歌集に「花仙堂家集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松波資之の関連キーワード井上通泰明治時代安東菊子桂園派

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android